住宅

不動産の豆知識

家族と家

両親からの相続や、資産運用の一環として、不動産賃貸業を営むことがあります。その際以下の点について知っておくことで、様々なメリットを得られることがあります。 まず挙げられるのが税制です。不動産の購入や建築をする際に活用することで、様々な税制優遇を受けられる制度があります。しかしかなり複雑なため、不動産賃貸業の事業計画なども合わせて税理士等に相談しておくとよいでしょう。 次に挙げられるのが管理会社です。多くの人は不動産を建築したハウスメーカーなどに管理を委託することがありますが、どの管理会社も様々なサービスを提供しています。そのため複数の管理会社を比較検討することで、不動産賃貸業にかかるコストを抑えたりすることも可能となります。 上記のような豆知識を活用し、良い形で不動産賃貸業を営むことをお勧めします。

不動産賃貸アパート経営をする場合には、当然家賃収入から経費を引いて黒字になるようにすることが必要です。 しかし、それだけではなく、節税に関しても理解しておくことが重要です。不動産賃貸事業では現金収支も重要な管理要素で、税金は現金支出を伴うため可能な範囲で少なくする努力が必要なのです。 不動産賃貸の所得は不動産所得に分類されます。この所得に関しては青色申告することによって得られる特典があります。一つが青色申告特別控除で、記帳義務を果たすことで10万円か65万円所得を圧縮することができます。また不動産賃貸の収入のメインは家賃ですがこれが回収できない場合もあります。これについて貸倒引当金の設定ができ節税につながります。