住宅

窓の配置や大きさ

家族と家

今後は、一戸建ての窓にこだわる人が増えると言われています。一戸建てにおいて窓はとても重要です。窓が無い一戸建ては存在しません。それにもかかわらず、一戸建てのプラン作りの際は、窓は後回しにされがちです。中には、業者に任せきりと言う人もいます。 しかし、最近は少しでも落ち着ける空間をつくろうと、インテリアにこだわる人が増えてきました。とは言え、部屋の壁や床や家具にインテリア性を求めることがほとんどで、窓にインテリア性を求めることは少ないです。ですが、窓の配置や大きさはインテリアに大きく影響してきます。また、サッシの色や質感も大事で、部屋の雰囲気に合わせてサッシを選ぶことが、今後は主流になると考えられています。

窓がたくさんあれば、採光も通風も確保できますし、狭い家を広々と見せることもできます。しかし、窓をたくさん設けると言うことは、壁が少なくなると言うことです。そうなると、家具を置くのが難しくなるので、窓の数はしっかり考えなくてはいけません。単純に多ければいいと言うわけではないのです。 また、日照条件が悪い住宅密集地などでは、採光を得るために天窓を取り付けることがよくあります。天窓は通常の窓と比べて、数倍の明るさが得られると言われており、メリットはとても大きいです。しかし、真南に向いている場合、夏場は非常に暑くなる可能性が高いです。天窓を取り付ける際は、そう言うことを頭に入れておいて計画をしましょう。